微波動バイブレーション

APIAの樹脂バイブである「LUCK-V」の特徴と言えば何といっても「微波動」。実際使ってみたアングラーで「これバイブレーション?」と感じた人は多いのではないだろうか。バイブレーションと言えば一般的には早巻きで発生するボディの振動によるフラッシングで魚のリアクションバイトを狙うプラグだが、LUCK-Vはこの振動が極めて小さい。これはアピール力が小さく動きをよりナチュラルにすることで、リアクションではなく追い食いを狙うというコンセプトによるものだ。この時点で「バイブレーション」という分類に入るのか疑問はあるが、実際はしっかりバイブレーションしている。最初このバイブレーションを投げた時、少し不安があった。広範囲にアピールする事が売りのバイブレーションでこの振動の弱さは大丈夫なのだろうか。しかし、しっかり投げ込む事でその特徴を捉え、使いこなす事ができるようになってきた。

デイゲーム広範囲サーチはLUCK-Vじゃなくていい。

そもそもデイゲーム広範囲サーチをするバイブレーションは鉄板バイブや波動の強い樹脂バイブでいい。LUCK-Vが生きるのは、魚がある程度付きそうな「ピンポイント」の攻略。手堅いブレイクや杭絡みのストラクチャ、潮目など。ある程度場所が絞れていて、そこにいるであろう魚に確実に口を使わせたい時、LUCK-Vのナチュラルな微波動は有効となる。

ナイトゲームに強い。

フラッシングを使えないナイトゲーム。シルエットの小さいルアーで少し早めの速度で下レンジを巻くことで状況を打破できることがある。秋のイナッコのたまり場で、イナッコの群れを少し早めのスピードでLUCK-Vを通すことでデカいシーバスが連発した。シンペンみたいなのだけど、アクションはシンペンじゃない。これを経験した時からLUCK-Vの虜になった。

橋脚でも使える。

ナイトの明暗部はやはりミノーやシンペンが主流となる。これでゲームが成立すればそれでいい。ただタフコンでこれらのルアーで全く反応ない時、あきらめる前にLUCK-Vを通してみて欲しい。何度も言うが、小さいシルエットを少し早めに巻いて反応する魚がいる。また微波動バイブの特徴として波動で場所を荒らすことなく、小場所も攻略する事ができる。

そして、この微波動バイブ「LUCK-V」の特徴をさらにレベルUPする事、さらに使いやすくする事を目標にモディファイモデルを開発する事になった。開発スタートから数か月投げ込んでようやく最終プロト形状を見ている。波動の強さは現行モデルを踏襲しつつ、「食わせルアー」としての性能を改良。波動の強さを変えない範囲で水の受け方を少し変えて、より軽快な動きと水平スイム姿勢を実現。そしてシルエットも丸みを帯びつつシャープな形状へ変更し、「食われやすさ」を追求している。

0コメント

  • 1000 / 1000