Blue Blueニンジャリ 港湾部デイ濁り最強色「うっちーパルパル」

BlueBlue「ニンジャリ」を使った岸際ダートのシーバスフィッシングがあつい。特に初夏はは岸際にハクなどのマイクロベイトが溜まり、これを捕食するためシーバスやクロダイが岸際をうろつく事が多い。これらのフィッシュイーターを「ワインド釣法」で狙う。ニンジャリの特徴は何といってもアクションの手数とダート幅。ロッドでワームをはじくようなアクションで右に左に上に下に変幻自在にルアーを動かしていく事ができ、左右のダート幅は半端ない。ロッドアクションと直角にルアーを動かすことができる。そして初夏は海の水温が上がり、濁りがきつくなる事が多い。デイゲーム、茶色に濁った海で僕が愛用するニンジャリのカラーはジグヘッドが「グロー」、ワームが「パール」。そう、「パール&パール」。茶色く濁った水の中でもしっかり視認性を確保でき、ダートで一瞬見えるくねったルアーボディがいかにも艶めかしい。濁った水の中で動くパールホワイトのワームをぜひ試してほしい。

0コメント

  • 1000 / 1000